ダイジェストビデオ2011

 

 

プレゼンター紹介

Nguyễn Bích Ngọc (グェン ビック ゴック)

 

 1987年、ベトナム・ハイフォン生まれ。ハイフォン市内で1番優秀な高校、Tran Phu高校の数学専攻クラスを卒業。高校時代は勉強一本の学生時代を過ごす。ハノイ貿易大学へ進み、日本語を専攻。大学3年生の時に1年間の交換留学生試験に合格し、名古屋大学へ進学。1年間を経てベトナムへ戻り、大学を卒業し再び日本へ。

  現在、日本の会社で働きながら、将来は化粧品に特化した日本とベトナムの貿易の会社を設立したいと夢を描く。自分自身が美容に関心を持ち始め、自信がもてるようになったことから、将来はベトナム人をさらにキレイにしていくことをコンセプトにした会社を作りたい。

 

 

 

 

 

Phó Bá Quốc Huy (フォー バー クォック フィ)

 1985年に、長男として、ベトナム、ホーチミンに生まれる。25歳。こどものころからいち早く英語の勉強に夢中、高校はホーチミンの名門Le Hong Phong校に入学。高校時代、日本学生との交流をきっかけに日本留学の願望を抱きそして実現。大学は大分県別府市にある国際大-立命館アジア太平洋大学に入学。現在は東京にて大手商社の関連会社にて働く。
 16歳でカメラと出会う。大学時代は日本各地に足を運び、自然とお祭りを主に撮影し、写真展を開いたこともある。将来はベトナムで誰もが名を知るカメラマンになり、写真で日本とベトナムの文化交流をクリエートする存在になりたい。


 

 

 

 

Bùi Thị Hồng Hoa(ブイ ティ ホン ホア)

 1989年ベトナム北部Ha Nam出身。中学生時代に日本の青葉奨学金を受けたことがきっかけで日本に対して興味を持つようになる。高校生のときは先生になることを目指していた。高校を卒業しドンズー日本語学校へ入学、その後日本へ留学。
 日本で暮らす中で障害を持つ人への教育に関心を抱くようになり、将来はベトナム南部に障害者の子どもたちのための教育施設、学校を作りたいと夢を描く。日本では新聞配達をしながら自分自身で学費、生活費を賄い生活をしている。専門学校1年生。

 

 

 

 

Lê Quang Huy Dũng(レ クアン フイ ズン)

 1986年ベトナム、フエ生まれの24歳。ベトナム戦争中に留学生として日本へ来日したベトナム人の父親と母親の間に生まれ、生後10ヶ月で日本へ。それからは日本で育つ。
 幼少期や小学生のころに他の日本人とは異なるベトナム人としてのアイデンティティを強く意識し始める。小・中・高の間は、ベトナム人として周囲に認められたい、と勉強やスポーツに打ち込む。大学は早稲田大学へ進学、1年間はアメリカ、シアトルへ留学を経験し、現在は大阪の鉄鋼専門商社で働く。

 将来は言葉や文化、国籍の違いを超えお互いを理解し合える集団を作り、日本に生きるベトナム人として、日本とベトナムの架け橋の存在になりたい。


 

 

 

メンターカード

 メンターカードはプレゼンターと観覧者をつなげるモノです。皆さまが書いてくれた暖かいメッセージはプレゼンターを大きく励まし、夢を実現するためのパワーとヒントをあたえてくれます。 

 2011年度のプレゼンターの4名はこのメンターカード・ズに勇気づけられました。